社は猛追及ばず、初の決勝はまたもお預けとなった。5試合30得点を誇った強力打線が七回まで2安打に封じられ、主砲正木は「テンポの早い投球に合わせられなかった」と肩を落とした。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)