幾度も勝利に貢献してきた主砲・大野が0―6の九回2死で打席に立った。「試合は終わっていない」と気持ちを込めた一振りはチーム唯一の三塁打に。だが「後が続いてくれ」との願いは届かなかった。  準決勝ま...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)