高めのスライダーを振り抜いた打球は大歓声に乗って右中間を破った。難攻不落の相手エースが天を仰ぐ。50メートル6秒0の快足を生かしてゆうゆう到達した三塁で、ほっとした表情が浮かんだのには訳があった。 ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)