「低めに丁寧に集めようとしたが、球が高めに浮いてしまった」。東海大菅生の伊藤壮汰投手(三年)は、最後の試合で思い通りの投球ができなかった悔しさをにじませた。  「力みがあった」という序盤は制球が定...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)