副作用が問題となっている子宮頸がんワクチンは、被害を受けたとする15~22歳の女性63人が27日、国などを相手に提訴した。一方、国内では子宮頸がんで年間約3500人が亡くなり約1万人が子宮を失って...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)