米軍普天間飛行場(沖縄県宜野湾市)の移設先とされる名護市辺野古が面する海には、移設工事が中断している今も、政府側の船が漂う。移設反対派の動きを見張る「警戒船」だ。この仕事を政府側から請け負うのは地...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)