東北楽天の塩見貴洋は6回3失点と先発の仕事を果たしたが、打線の援護なく6敗目。一、二回に計3失点とつまずき、「(ソフトバンクの先発)武田翔太を相手に序盤の失点が重かった」と悔しがった。  一回1死二...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)