「セーフ」。本塁のクロスプレーで主審の声が響くと、仙台育英ナインはうずくまった。東北との激闘の末に力尽き、2連覇の夢がついえた。  3-3の延長十一回1死三塁で、二塁手の瀬戸主将が打球を捕り、本塁へ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)