【内角突く強気な攻め】  六回2死満塁。「一番警戒していた」4番の小川龍成主将を迎えた。この回、内角狙いで死球の打者を出していた。普通なら消極的になってもおかしくない場面だが、投げたコースは内角低め...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)