「県北から甲子園へ」。地元の期待を背負ったエース兼四番打者は、試合後もまだ戦っているかのような表情だった。「真っすぐで、自信のあるボールで、ばんばん攻めようと話した」。中学時代から一緒にプレーしてき...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)