レアードが点差を広げる貴重な一発を放った。2―1で迎えた八回、一死走者なしで打席に入ると、長距離砲の体が反応した。マウンド上には4番手右腕の牧田。0―1からの2球目。外角高めの直球を左翼スタンド上段...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)