リオデジャネイロ五輪の新体操団体代表5人が26日、東京・国立スポーツ科学センターで記者会見し、主将の杉本早裕吏(みなみク)は「踊れない人の分までしっかりとやりきって、感謝の気持ちを忘れずに、笑顔で最後...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)