=男子=  九州大会で団体2連覇した神埼清明が、構成の一部でタンブリングの難度を上げて王座奪還へ勝負をかける。試技順は出場23校中10番目と前半になったが、ノーミスで頂点をたぐり寄せたい。リングと...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)