つなぎに徹する男にとって、死球は安打と同じくらいの価値があった。2点を返してなおも無死一塁で迎えた六回の第3打席。じんじんと痛む右手首をさすりながら、心の中では「よっしゃー」と叫んでいた。  二〇...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)