第98回全国高校野球選手権東・西東京大会は二十五日、西大会で準決勝の2試合が行われ、2年連続準優勝の東海大菅生と、初の甲子園出場を狙う八王子が決勝進出を決めた。決勝は二十七日午後一時から神宮球場で行...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)