板画家棟方志功が戦時中、無事の帰還を祈って出征兵士らに贈った「虎の絵」2枚が、青森市中央市民センターで25日に始まった「青森空襲展」で展示されている。さらし木綿に墨で描かれた絵には「武運長久」「守護...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)