国の文化審議会は25日、2018年の世界文化遺産登録を目指し、現存する国内最古の教会で国宝の大浦天主堂(長崎市)を含む「長崎の教会群とキリスト教関連遺産」(長崎、熊本)を国連教育科学文化機関(ユネスコ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)