初回にリードを広げた天理が11―0の五回コールドで奈良朱雀に大勝した。  天理は初回、5死球や敵失を好機に2安打ながら打者一巡一挙6点を先制。二回にも太田の左前適時打などで2点、四回には桧垣が大会...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)