同点の5回から登板し、光南打線の反撃を食い止めた聖光学院のエース鈴木拓人(3年)は、「頼もしい仲間がいることを実感した」と振り返った。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)