もし野球の神様がいるのならば、ひたむきに努力を続けてきた男を見続けてきたのだろう。前日の準決勝に続き、決勝の舞台でも聖光学院の磯辺伶也(3年)が輝きを放った。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)