夢舞台にあと一歩まで迫りながらも、王者の牙城を崩すことはできなかった。4―2で迎えた8回、光南のエース石井諒(2年)は3連打を浴びるなど4失点。「甘かった」と首に掛かった銀メダルに目を落とした。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)