【ロンドン共同】国際オリンピック委員会(IOC)のバッハ会長は24日、国ぐるみのドーピングが発覚したロシアをリオデジャネイロ五輪から全面除外せず、条件をクリアした選手の出場を容認したことについて「...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)