盛岡大付が1点を争う好ゲームを制し、2年ぶり9度目の夏の甲子園切符を手にした、24日の第98回全国高校野球選手権岩手大会決勝。好守が光る一関学院から盛岡大付が1点をもぎ取ると、スタンドに詰め掛け応援...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)