(23日・県営大宮ほか)  第10日は3球場で5回戦8試合が実施され、熊谷商は同点で迎えた七回1死三塁から鈴木のスクイズで勝ち越し、3―2でCシード西武文理を破って4年ぶりの8強入りを果たした。 ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)