花咲徳栄先発の高橋昂は六回まで一人の走者も許さず、14奪三振と圧巻の投球。打線も11安打10得点と効率よく得点した。滑川総合は打つ手がなかった。 ■真価発揮の“6回完全”  自慢の剛球がうなりを...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)