第98回全国高校野球選手権岩手大会第13日は23日、盛岡市の県営球場で準決勝2試合を行い、一関学院が2年連続、盛岡大付が2年ぶりの決勝進出を決めた。  第1シード一関学院は7番佐藤俊輝(3年)の2...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)