今大会初の引き分け再試合を制したのは下関国際。主将仁木が投打にわたって躍動した。三回2死二塁の場面で3番仁木が中前に先制打を放ち、主導権を握る。四回以降は7番清水の適時三塁打、8番山田のスクイズな...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)