人口の1割弱がブラジル人の大泉町で23日、「大泉まつり」が始まり、リオデジャネイロ五輪開催を記念してサンバが披露された。  午後3時ごろ、町の中心部に近い広場に、赤と黄色のきらびやかな衣装をまとった...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)