「1点もやらない。絶対に抑える」。七回1死二塁のピンチ、好投を続けていた先発の金久保優斗投手に「ここまで投げてくれて、ありがとう」と声をかけ登板した。  相手投手は完璧な投球で、強打の望洋打線を抑...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)