29歳で迎えるリオデジャネイロ五輪を、重量挙げ人生の「最終章」と位置付ける。男子62キロ級日本代表の中山陽介は学生時代、ナンバーワンにはなれなかったが「自分の限界を超えたい」との一心で社会人になっ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)