二〇二〇年東京パラリンピックに向け、千葉市の熊谷俊人市長と職員約五十人が二十一日、市内の体育館で「ゴールボール」の練習や試合を体験した。東京大会では、市内の幕張メッセがゴールボールの会場になる。 ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)