2点リードの三回1死一、二塁の守り。湘南の右翼堀は頭上を越えるような打球に襲われるも、169センチの体を目いっぱいに伸ばし、白球を華麗にグラブに収めた。  しかし、好守はここで終わらない。すかさず...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)