クラークが二回に挙げた3点を守り切った。打線は二回1死一、二塁、岸の2点二塁打で先制すると、浜本が左前打で続き、一、三塁から千葉の右犠飛で1点加えた。先発平沢津は5安打完封。滝川西は七回2死満塁、八...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)