学法福島は投打がかみ合い、第3シード学法石川を破った。  55年ぶりの4強入りが懸かった試合で9回4安打無四球完封。その数字とは裏腹に「いつ打たれるのか心配だった」という学法福島の左腕長田聖也(3年...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)