奈良大付が手堅い攻守を見せて一条に完封勝ちした。  奈良大付は五回、先頭の時吉が左越え二塁打し、続く谷口の内野ゴロで3進。続く南の右犠飛で時吉が生還し先制した。七回には池田が四球で出塁し犠打と暴投...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)