「長かったね。最後の勝負、そういう覚悟で練習してきた」。プロ14年目、ことし6月に36歳になった後藤武敏が並々ならぬ決意で戻ってきた。  今季は度重なるけがに苦しんできた。ことし2月の嘉手納での春季...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)