4度目の五輪で悲願の表彰台を目指す第一人者は、「ここまで自分を追い込んだことはない。それに耐えられる自分になった」と仕上がりに充実感を漂わせる。昨年8月に行われたワールドカップ(W杯)では自身8年ぶり...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)