【モスクワ共同】ドーピング問題でロシア陸上選手らの訴えを退けたスポーツ仲裁裁判所(CAS)の裁定に、陸上女子棒高跳びの世界記録保持者、ロシアのイシンバエワ選手は21日、「希望は流れ去った」と落胆。...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)