サッカー男子のリオデジャネイロ五輪代表が21日、羽田空港から開催国ブラジルに向けて出発した。搭乗口で行われたセレモニーで、主将の遠藤航(浦和)は「国を背負う覚悟で戦う気持ちを持っている。必ずメダルを持...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)