【裏方に徹した最後の夏】  6点を追う九回裏、関学附の攻撃。先頭打者のホームランでチームは勢いづいた。スタンドでは「逆転」を願う応援団の黄色のメガホンが揺れた。1死一塁。次打者席には羽鳥達郎監督が「...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)