光南が序盤から得点を重ねて終始リードを保ち、勿来工を下した。  「監督からしっかり締めてくれと声をかけられ、全力で投げ抜いた」。7回表、4番から始まる相手打線を3連続三振で抑え込んだ光南の先発坂路翔...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)