土俵に見立てた木の枝の上でカブトムシを闘わせる「全国かぶと虫相撲大会」が18日、山形県中山町で開かれ、県内外から集まった小学生らが「いけー、頑張れー」などと一生懸命に声を上げ、小さな「力士」たちに声援...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)