9月のリオデジャネイロ・パラリンピックの視覚障害者マラソン女子に、滋賀銀行の近藤寛子選手(49)=栗東市小野=が出場する。37歳で病を患った後、陸上を始めた。家族や伴走者、会社や立命館大陸上部の支援...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)