日米大学野球選手権は17日、草薙球場で最終戦が行われ、日本はタイブレークの延長十回、5―4で米国にサヨナラ勝ちし、通算3勝2敗で2大会連続18度目の優勝を決めた。国内開催では1981年の第10回大会...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)