後半、同点とされた後の新潟のPKを仙台のGK関がしっかり防ぎ、直後の奥埜の勝ち越し点を呼び込んだ。前半にも新潟の決定機でスーパーセーブを見せた救世主は「最近は負けて悔しい思いしかしていなかった。勝て...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)