下関国際が昨年の優勝校下関商を相手に序盤から4得点し、試合を優位に進めた。四回には主戦仁木の投球が乱れ同点まで追いつかれるも、裏の攻撃で4番木村の勝ち越し適時打で流れを引き戻した。八回には1死満塁で...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)