岩手が誇る中距離ランナーがついに「中学生日本最速」の称号を手に入れた。男子1500メートルの佐々木塁(盛岡・河南3年)は連戦の疲労を感じさせない驚異の粘りとスピードで、日本中学記録更新の快挙を成し遂...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)