「第46回八戸小唄流し踊り」(東奥日報社主催)が15日、八戸市の中心街で行われた。13団体、約千人の踊り手たちがカモメの模様を染め抜いた浴衣姿で優雅な舞を繰り広げ、港のまち八戸に夏祭りシーズン到来を...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)