政治資金流用問題で舛添要一氏が辞職したことに伴う東京都知事選が14日告示され、過去最多の新人21人が立候補を届け出た。主要政党の候補者選びが混迷し、構図が固まったのは告示直前。明確な争点が見えないまま...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)