仙台イレブンが膝から崩れ落ちた。後半ロスタイム3分、ペナルティーエリア手前で渡部の背後から抜け出した浦和・興梠が、柏木のスルーパスをそのまま右足でシュート。球はGK関の頭上をわずかに越え、ゴールネッ...    
[記事全文] ([記事全文]は外部サイトへ移動します)